口論

口論

私は父からお見合いの話を聞いて、怒ってこう言いました。

 

「この下心見え見えの結婚、私はすべてわかっているのよ。

 

これはすごく微妙な問題だってことも、私がまだ小さな子供だったころからいつも、まるでロバみたいに利用されていることも。

 

あなた、父親とはいえあまりにもひどいわよ。私に謝りなさいよ。

 

ああ、ちなみにあのお方の愚かさについてはどうお考えなの?あのお方がそんなに馬鹿なはずがないって一目でわかるはずでしょう?だましてもすぐに分かるわよ。

 

お父さん、狂ってるんじゃないの。」父は驚いて目を見開き、しばらく部屋の反対側の壁を見つめながらこう返答しました。

 

「分かっているよ、申し訳ないと思っているよ。」それでも私との口論は続けたほうが有利になると思ったのか、父はしっかり私の方を見て、いきんでこう言いました。

 

「この結婚はお前だけのためじゃないんだ、よりたくさんの人のことを考えたら、この見合いをダメにするわけには行けないんだ。倒産はお前が優しい娘だって知ってるよ、だからお前だって、よりたくさんの人が幸せになるほうがいいだろう?」

 

「そんな卑怯な言い回しを使ったって無駄よ、結婚の当事者の私と、相手の方も何も言っていないのに。」